スポンサーサイト

Posted by ノエル on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

繊細にしてドラマティック「ピエタ」

Posted by ノエル on 16.2012 映画・本 2 comments 0 trackback
今日、手に入れたばかりの「ピエタ」(大島真寿美著)。
2012年本屋大賞ノミネート作品です。

実は、作品の事は全然知らなかったけど
表紙をブロ友さんが描いているので嬉しくって買いました。

帯には「1枚の楽譜の謎に導かれ、めくるめく物語の扉が開かれる。」
「繊細にしてドラマティック-生きることの喜びと祝福に満ちた傑作長編。」
とあります。

繊細にしてドラマティック!
この言葉、絵にぴったりです。

私の写真がうまくないので、わかりにくいかなー。
__ 1

ちょっと大きくしてみました。
__ 2

私はモコさんの絵のファンなのです。
ブログのどの絵も好きです。
こんな風に描けたらなー。

装丁も素敵で、扉に使われている紙に透かしが入ってます。
1冊づつ透かしが違うようで私のは文字とライン。
表紙が茶・見返しが草色のところもいい感じです。

装丁の勉強のため、隅々まで見ました。
後は、読むだけ。

本の感想はまた後日。

スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ノエル

Author:ノエル
絵を描いたり、物を作るのが好きです。
最近は装丁にはまり、豆本も作っています。

ノエルのカラフルパレット | バナーを作成

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。